忍者ブログ
2017年06月26日04/ 時03分の記事
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


*CATEGORY [ ] 
2009年09月15日21/ 時25分の記事
(大江戸バリアント)ご当地街シナリオ
忙しいとき、やらなきゃいけないことがあるときに、別に急がなくてもいいことに手をつけてしまうものです。
そして、その最中に限って、余計なアイディアが浮かんでしまうもの。

大江戸バリアントは、私たちのよく知っている、「昔の日本」に良く似た世界が舞台です。
これに、みなさんの地元をモチーフにしたシナリオを作ってみるのはどうでしょう。
結構地元ならではの風土とか歴史とか伝承とかあって、ネタに困らなそうな感じですが。

例えば私の地元、福岡なら・・・
・古くから大陸との玄関口であり、外交窓口があった
・蒙古軍が攻めてきた
・博多織が名産品。『献上博多』として江戸まで贈られた
・重い神輿を担いでレース(タイムトライアル)をする祭りがある。祭り中は仕事禁止
・良くも悪くも都会的なせいか、妖怪変化の類の話はあんまり聞かない。せいぜい↑の蒙古戦の幽霊くらい。
・辛子明太子の誕生は第2次大戦後のこと
ざっと挙げたところこんなものでしょうか。
※一部、他地域の方にも分かりやすいように表現を変えてある点があります

『江戸への献上品の中に何者かが粗悪品を紛れ込ませたという情報が入った。献上品を持ってきた使者が江戸に入る前に接触し、粗悪品を見極め、それを本物の博多織とすりかえてくれ』とか、
『対立する町のヤツにうちの男衆がやられた。あんたら彼らの代わりに神輿を担いで走ってくれないか?』とか、
『最近このあたりに家を建てたんだが、なぜか幽霊が出て困る。このあたりは大昔の古戦場だったって噂もあるが…。原因を調査してくれ』とか。
シナリオにできそうなネタは結構あると思います。

実際にシナリオ内で(江戸から)ご当地まで出向くという形にこだわらなくてもいいし、
逆に郷土史家が裸足で逃げ出すくらい、細部まで綿密に描ききってもいいでしょう。
水戸○門のように、ご当地シナを巡ってまわるプレイができる日がくるといいですなあ。
PR

*CATEGORY [ ネタ ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
2009年08月04日18/ 時58分の記事
学園バリアントなるものがあるそうな
長生きしていると色々珍しいものが見れるものじゃあ、のお婆さんや。

もっとも、しばらくは通常版向けシナリオを作ると思いますので、他のバリアントはノータッチの方向になるかと。
でもまあ、妄想するのはタダなので、色々垂れ流してみることにします。



*CATEGORY [ ネタ ] *コメント[ 0 ] *トラックバック [ 0 ]
| HOME |
忍者ブログ[PR]
忍者ツールズこのページのトップへ